日本の食の最近のブログ記事

「がんばろう 日本! 食べよう郷土料理」と題して、新刊情報誌「こどもの本」(日本児童図書出版協会)の2011年11月号から2012年4月号にて6回にわたる連載をしました。
3月号では東日本大震災で被災した宮城県気仙沼の「あざら」です。kodomonohon_m3_azara.pdf

kodomonohon_3gatsu_web.jpg

夏の冷や汁(ひやしる)-1

東京にいると、日本は次第に亜熱帯地域になってしまうのか、と思わせるこのごろです。
暑い夏にはやはりそうめんですか?

夏の食べ物として近年メジャーの仲間入りをしたともいえるのが「冷や汁」です。
冷や汁といえば、宮崎県が有名ですが、じつは各地に冷や汁やそれに類似する料理があるのです。
みなさんの家では作って食べますか?

地域によって、いりこを使ったり、アジなどの魚が入ったり、落花生が入ったり、とちがいがありますが、共通するのはゴマ。
たくさんのゴマをいただくので、食欲の落ちる夏には抜群の栄養食ともいえます。

一年ほど前、西の冷や汁を宮崎市で、東の冷や汁を埼玉県小川町で取材しました。
宮崎県の冷や汁はぶっかけごはん。
埼玉県のは冷や汁うどんです。
ちなみに、埼玉県小川町の隣町、川島町では同じ料理を「すったて」とか「つったて」とかとよぶそうです。
どちらの地域も、「ひやしる」であって、「ひやじる」とは濁らないというのをこのときはじめて知りました。


syoku_5235.jpg

◇冷や汁は氷で冷やす? 冷やさない?

ところで、宮崎県では氷は使わないのが昔からのやり方だとか。
てっきりギンギンに冷やして暑さをしのぐ料理だと思っていたのですが。
逆に暑いところだからこそ、氷や生水でお腹をこわさないように、との配慮だそうです。
最近お店で氷入りの冷や汁を出すようになって、そちらが全国的に有名になってしまった、と地元のおかあさんは言っていました。
たしかに冷たーいひやしるも美味しいのですが、暑いごはんにぶっかけて食べる、氷を入れずに出汁でのばした冷や汁は、冷やごはんに冷たいものをかっけるよりも、のどに通りやすく、お腹にもやさしくて、おいしかったです。ぜひお試しを!

さて、では埼玉県の冷や汁はどうでしょうか。
こちらは、水でのばして氷を入れて冷たくしてうどんのつけ汁になりました。

どちらもおいしいのですが、ごはんにかけるか、うどんのつけ汁にするかということが、氷の入る入らないのちがいに関係があるのではないかな、とも思えます。
たとえば、冷蔵庫で冷たくしたごはんは、ポソポソしておいしくないですね。
冷やしすぎるよりも、ほどよいぬくみがあるぐらいのほうが、ごはんがおいしいんじゃないでしょうか。
一方うどんは、湯であがりを水でキュッとしめてツルツルッといただく、というのがつけ汁で食べるうどんの醍醐味の一つ。冷や汁も冷たいつけ汁でツルッといくのがおいしいということかもしれませんね。