原発の最近のブログ記事

 新刊の「おーい、フクチン!おまえさん、しあわせかい?」に、たくさんのご注文をいただきありがとうございます。おかげさまで多くの方々にお届けすることができました。直販をしていると、読者の方々に向けて一つ一つ梱包ができて、お届けできる喜びがまったく違います。ご注文をいただいた方でいまだ届いていらっしゃらない方がおりましたら、順にお届けする準備をしておりますのでもう少々お待ちください。

 なお今のところ、販売協力をしていただいている出版社「ブックエンド」様が書店に本を送ったり、アマゾンなどのネット書店で発売を始める準備をしている最中です。書店やネット書店からご購入を検討中の方々はもう少々お待ちください。

 ホームページにてご案内しましたが、新しい本「おーい、フクチン! おまえさん、しあわせかい? 54匹の置き去りになった猫の物語」を刊行します。印刷工程が終わり、ただ今製本作業中です。(作り手にとってもこの時が一番待ちどうしいですよねぇー。)取材先の高円寺ニャンダラーズ(毎々お世話様です!)のブログfacebookでは刊行日を待たずに紹介をして頂いていますので、すでに毎日ご注文を頂いております。ご注文頂いた皆様、本当にありがとうございます。皆様には出来上がり次第、書店配本を待たずに出来立てのほやほやをお送りいたします。もしかすると少し湯気が立っているかもしれません。(笑) なお、もちろん本書は全国の書店やネット書店でも販売いたします。こちらもよろしくおねがいします! 今回、印刷立ち合いをしましたが仕上がりはインク乗りが良く、こくがあって、奇麗に上がっていますよ。なにせ印刷所で一番優秀な方がオペレーションを担当しています。印刷機の調整は一発でした。これってなかなか無いことなんですよ! お楽しみに待っていてくださいね。

 fukutin-hyousi.jpg

 

秘密法案の通過

| コメント(0) | トラックバック(0)

つぶやき

 昨日の午後、秘密法案が参院委員会で強行可決された。正直、違憲状態の判決が出ている選挙で生まれたこの内閣がはたしてこのような将来の民主主義に危険をおぼよすようなことを決めていいのだろうかとぼくは疑っている。もちろん自分の信じる道を進む権利はだれにでもある。とうぜん安倍晋三氏にもあるのだから法案を提出することに文句を言うつもりは毛頭ない。ただし民主主義国家の選ばれた政治家なのだから、違憲状態ならばこれを機に一度解散をして民意に訴え再度選ばれてから堂々と秘密法案を採決すべきではなかっただろうかとおもう。違憲状態を解消する大きなチャンスにもなり、そのことを安倍内閣の一番の仕事にすれば、安倍氏のこの法案に掛ける決意が国民にもより深く伝わったのではないだろうか。さらに安倍氏は尊敬され後世に語り継がれる政治家にもなったことだろう。安倍氏は政治家として最高の名誉を得るチャンスを失ったのだ。そればかりか今回の強行採決をみると安倍氏は口では日本は民主主義国家と唱えながらも自分は民主主義者ではないという不名誉なレッテルを自ら貼ったとしか思わざる得ない。まさか、安倍個人主義、安倍一族中心主義、もしくは自民党中心主義みたいなものでなければよいのだが......。とにもかくにもこのことは二度と騙されないためにも忘れてはいけないことだとおもう。


 ところで前回の違憲状態選挙のときに気になっていたものがある。自民党のポスターだ。最近の傾向なのだろう、どこの党も党首の顔写真とともに一言メッセージ(キャッチコピー)をドーンとのせる、いかにも広告マンが考えそうなあれだ。おもえばマドンナブームといわれた社会党の土井たか子女史のポスター、このときは制作した広告屋がご丁寧にテレビに出演して自らの業績を誇っていたが、あのポスターが始まりだったかもしれないと記憶している。それはそれまでの金欠のモノクロ印刷とは違う意味合いのファッショナブルなモノクロポスターだった。たしかにかっこ良くは見えたが、はたして政治の世界にこんな薄っぺらいファッショナブルなポスターが必要なのか甚だ疑問におもっていた。ちなみにその後の党首ポスターには逆光気味のライトでいかにも光が当たって明るい将来をイメージさせるようなポスターが多く見られるようになる。どうもぼくには演出が強すぎてあまりいい感じがしない。

 話を戻して、前回選挙のときに、安倍氏の顔写真とともに「にほんをとりもどす」の一言メッセージを掲げた自民党のポスターをどこへいっても見かけた。地方へ行けば選挙後もしばらく色が褪せ角が捲れた状態で何やら意味深げな感じがするものも見た。このポスターで気になったのは顔写真ではない。メッセージに主語がないことはまだわかる。自民党のポスターであるわけだから安倍政権が取り戻しますよといっていることは明快である。誰でも正確に理解出来よう。問題なのは何から誰の元に取り戻すのかが不明なことで、行き過ぎた社会に日本の古き伝統を取り戻すともおもえるし(古き伝統を明治以降の軍国主義時代と捉えればこれはこれで恐ろしいが)、TPPなど何か得体の知れない外国の圧力から取り戻すとも読める。力を増大させる官僚機構から国民のもとに主権を取り戻しましょうと言っているようにも読める。がそこには実際はなにも書かれていないわけで、天の邪鬼のぼくはポスターを見かけるたびに一体誰が誰のために取り戻すのか気になっていた。結論。今回の一件でどうも答えは私(安倍晋三氏)の元にであり自民党の元に日本を取り戻すだったことがわかった。ようやく疑問は解けたが、その答えは酷く残念である。どうか悪い運用がされないことを望むし、悪い運用を考える人には権力の中枢から去っていただきたいものだ。


#直近で一番恐ろしいのは原発に関わること。いままで都合が悪いことは隠してきた対応を見ても必ず起こりうるとおもう。

その3です。


DSC_1826.JPG



































DSC_1827.JPG



































DSC_1828.JPG
























DSC_1829.JPG
























DSC_1831.JPG
























DSC_1832.JPG
























DSC_1834.JPG



































DSC_1837.JPG



































DSC_1840.JPG
























DSC_1841.JPG



































DSC_1842.JPG
























DSC_1843.JPG



































DSC_1844.JPG
























DSC_1845.JPG
























DSC_1846.JPG



































DSC_1847.JPG



































DSC_1848.JPG
























DSC_1849.JPG
























DSC_1850.JPG



































DSC_1855.JPG
























DSC_1856.JPG
























DSC_1858.JPG



































DSC_1859.JPG



































DSC_1860.JPG
























DSC_1862.JPG



































DSC_1863.JPG



































DSC_1865.JPG



































DSC_1866.JPG
























DSC_1868.JPG
























DSC_1872.JPG
























DSC_1873.JPG
























DSC_1876.JPG
























DSC_1881.JPG



































DSC_1883.JPG
























DSC_1890.JPG
























DSC_1892.JPG






















DSC_1895.JPG





































DSC_1896.JPG
























DSC_1897.JPG
























DSC_1898.JPG



































DSC_1900.JPG
























DSC_1901.JPG



































DSC_1902.JPG



































DSC_1904.JPG



































デモに出発するために並ぶ方々と話をしながらスナップを、
そしてすでに人気のまばらな本会場へ、
表参道のデモ隊をスナップしたところで、
ぼくは残念ながら時間切れに。

見たところ一見してデモのプロの方々もいらっしゃいましたが、
多くは一般の方々。
お年寄りも子どもも参加をしていました。
デモプロの方々も含め、険悪な雰囲気などなく穏やかなデモでした。
警察の方々だけは緊張して張りつめているのが見て取れました。
それが気の毒に感じるくらい、紳士淑女のデモでした。

原発是非の決定権を持つ政治家はもちろん、
その裏にいる実質的な決定権をもつ方々に
早く気づいてもらいたいものです。
原発には決して議論の余地がないのです。
あるのは屁理屈だけ。
大切なのは一時も早く方向転換すること。
新しい社会構造を作りましょう。

広島、長崎原爆で痛い思いをさせられた私たち。
放射能の恐ろしさは身にしみてわかっていたはずでした。
それでも福島で三度目の痛い思いをしています。
それもこんどは自らの手で引き起こして。
二度あることは三度ある、三度あることは...。
完全に放棄しない限り、存在する限り、繰り返す可能性は
ゼロにはならないのです。

もう原子力発電なんてごまかしの言葉はやめて、
核発電と呼びましょうよ!
核の平和利用なんてまやかしもやめましょうよ!
戦争で使用するよりももっともっと危険なことなのですから。



---
写真は約150カットアップロードしました。
最後まで見ていただきありがとうございます。
ご本人には写真を差し上げますのでご連絡くださいね。
アップロードが遅くなりました。
当日は本当にいいお天気でしたね。
ぼくが到着したのが送れてしまったので、すでに本会場のイベントが終わり
原宿駅前からパレードに出るために皆さんが並んでいるところでした。
たくさんのみなさんのメッセージをアップロードします。

原発はいいとか悪いとか、そういう問題ではないでしょう。
もちろん経済的に必要などという意見は問題外です。
もし本当に社会が必要としているのなら、残念ながら作ってきた社会が間違っているのです。

100万キロ級の原発を一機動かすと
毎日毎日広島原爆2個分の放射能が生まれるのだそうです。
毎日毎日ですよ。
そしてすでに今までに動かしてきた分の膨大な放射性廃棄物が
想像できないくらい溜まってしまっています。
捨て場のないこれは、人間の寿命を考えると永久的といってもいい時間放射線を吐き続けます。
はたして科学の力で解決できる日がくるのでしょうか?

今更感も否めませんが、それでも原発を止めることが先決だとおもいます。
そして次のことを考えるしかないのでしょう。
国の言う何十年か先の原発の依存率を考えるなんてことは根本的に間違ってるでしょう。





DSC_1679.JPG























DSC_1681.JPG


































DSC_1682.JPG
























DSC_1684.JPG




































DSC_1687.JPG



































DSC_1689.JPG
























DSC_1690.JPG
























DSC_1692.JPG
























DSC_1693.JPG



































DSC_1694.JPG



































DSC_1695.JPG



































DSC_1696.JPG



































DSC_1697.JPG
























DSC_1698.JPG



































DSC_1699.JPG
























DSC_1700.JPG



































DSC_1701.JPG



































DSC_1703.JPG



































DSC_1704.JPG
























DSC_1705.JPG



































DSC_1706.JPG
























DSC_1707.JPG



































DSC_1708.JPG



































DSC_1710.JPG



































DSC_1711.JPG



































DSC_1712.JPG



































DSC_1714.JPG



































DSC_1716.JPG
























DSC_1720.JPG



































DSC_1724.JPG
























DSC_1726.JPG
























DSC_1727.JPG



































DSC_1728.JPG
























DSC_1729.JPG



































DSC_1731.JPG
























DSC_1732.JPG



































DSC_1734.JPG



































DSC_1735.JPG
























DSC_1736.JPG



































DSC_1737.JPG



































DSC_1738.JPG
























DSC_1739.JPG
























DSC_1740.JPG
























DSC_1741.JPG
























DSC_1742.JPG



































DSC_1743.JPG




































DSC_1744.JPG



































DSC_1745.JPG
























DSC_1747.JPG
























DSC_1748.JPG

1  2  3