時事の最近のブログ記事

秘密法案の通過

| コメント(0) | トラックバック(0)

つぶやき

 昨日の午後、秘密法案が参院委員会で強行可決された。正直、違憲状態の判決が出ている選挙で生まれたこの内閣がはたしてこのような将来の民主主義に危険をおぼよすようなことを決めていいのだろうかとぼくは疑っている。もちろん自分の信じる道を進む権利はだれにでもある。とうぜん安倍晋三氏にもあるのだから法案を提出することに文句を言うつもりは毛頭ない。ただし民主主義国家の選ばれた政治家なのだから、違憲状態ならばこれを機に一度解散をして民意に訴え再度選ばれてから堂々と秘密法案を採決すべきではなかっただろうかとおもう。違憲状態を解消する大きなチャンスにもなり、そのことを安倍内閣の一番の仕事にすれば、安倍氏のこの法案に掛ける決意が国民にもより深く伝わったのではないだろうか。さらに安倍氏は尊敬され後世に語り継がれる政治家にもなったことだろう。安倍氏は政治家として最高の名誉を得るチャンスを失ったのだ。そればかりか今回の強行採決をみると安倍氏は口では日本は民主主義国家と唱えながらも自分は民主主義者ではないという不名誉なレッテルを自ら貼ったとしか思わざる得ない。まさか、安倍個人主義、安倍一族中心主義、もしくは自民党中心主義みたいなものでなければよいのだが......。とにもかくにもこのことは二度と騙されないためにも忘れてはいけないことだとおもう。


 ところで前回の違憲状態選挙のときに気になっていたものがある。自民党のポスターだ。最近の傾向なのだろう、どこの党も党首の顔写真とともに一言メッセージ(キャッチコピー)をドーンとのせる、いかにも広告マンが考えそうなあれだ。おもえばマドンナブームといわれた社会党の土井たか子女史のポスター、このときは制作した広告屋がご丁寧にテレビに出演して自らの業績を誇っていたが、あのポスターが始まりだったかもしれないと記憶している。それはそれまでの金欠のモノクロ印刷とは違う意味合いのファッショナブルなモノクロポスターだった。たしかにかっこ良くは見えたが、はたして政治の世界にこんな薄っぺらいファッショナブルなポスターが必要なのか甚だ疑問におもっていた。ちなみにその後の党首ポスターには逆光気味のライトでいかにも光が当たって明るい将来をイメージさせるようなポスターが多く見られるようになる。どうもぼくには演出が強すぎてあまりいい感じがしない。

 話を戻して、前回選挙のときに、安倍氏の顔写真とともに「にほんをとりもどす」の一言メッセージを掲げた自民党のポスターをどこへいっても見かけた。地方へ行けば選挙後もしばらく色が褪せ角が捲れた状態で何やら意味深げな感じがするものも見た。このポスターで気になったのは顔写真ではない。メッセージに主語がないことはまだわかる。自民党のポスターであるわけだから安倍政権が取り戻しますよといっていることは明快である。誰でも正確に理解出来よう。問題なのは何から誰の元に取り戻すのかが不明なことで、行き過ぎた社会に日本の古き伝統を取り戻すともおもえるし(古き伝統を明治以降の軍国主義時代と捉えればこれはこれで恐ろしいが)、TPPなど何か得体の知れない外国の圧力から取り戻すとも読める。力を増大させる官僚機構から国民のもとに主権を取り戻しましょうと言っているようにも読める。がそこには実際はなにも書かれていないわけで、天の邪鬼のぼくはポスターを見かけるたびに一体誰が誰のために取り戻すのか気になっていた。結論。今回の一件でどうも答えは私(安倍晋三氏)の元にであり自民党の元に日本を取り戻すだったことがわかった。ようやく疑問は解けたが、その答えは酷く残念である。どうか悪い運用がされないことを望むし、悪い運用を考える人には権力の中枢から去っていただきたいものだ。


#直近で一番恐ろしいのは原発に関わること。いままで都合が悪いことは隠してきた対応を見ても必ず起こりうるとおもう。

昨日のブログに書きました、日本からヨルダンへ原発プラント輸出を可能にする協定ですが、さすがに採決が延期になりました。
しかし延期しただけでまだ諦めてはいないようで、「日本の危機管理が満足がいくレベルではないと国際社会が見ている中、あえて原発輸出の枠組みをつくる協定を採決することはない」と与党筆頭理事(長島昭久 < 民主党  東京21区選出 > )が発言しています(東京新聞)。
いままで輸出をするために一生懸命やってきたのはわかりますが、状況を考えてください。これでは原発を容認し推進してきた自民党と変わりません。あらためる勇気をもってもらいたいとおもいます。
脅かすつもりはありませんが、私たちには他地域の原発があります。そしてその地域で地震が起きないという確信はないのです。
残念ながら福島だけではないのです。





_DSC0253.JPG
若い人はこれがなんだかわかるでしょうか?
ハエ取りリボンと呼ばれているものです。
茶色のところに強い粘着性があって、ハエや蚊など虫がぶつかるとぺったりとくっつきます。
写真は事務所にぶら下げているもので、ちょうどコンピュータの上あたりです。
コンピューターにはハードディスクがたくさんぶらさがっているので、薬剤を蒸散させる普通の殺虫剤を使うのが不安......そこで古くさいですがぶらさげています。
古くさいですがエコです。
しかも地震があると、微細なものでもゆらゆらと揺れて地震を知らせてくれます。
おかげで地震酔いにならずにたすかっています。
 

今日の朝刊によると、3/31におこなわれた衆院本会議で承認された「日ヨルダン原子力協定」を受けて、午後の衆院外務委員会で日本からヨルダンへ原発プラント輸出の協定が採決されるらしい。
ちなみに3/31の衆院本会議は節電のために天井の灯りが落ち、防災服姿の閣僚の姿もいる状態でまるでブラックジョークのような光景だったと、その時の写真も掲載されている(東京新聞)。

よその国の事はあえて申しません。
それぞれの考え方もあるのでしょう。
日本が原発建設に関わる事で、新規の円借款供与の話もあるようですし......

でも日本は、自国がこんなことになっているのに、どうしてよその国に売ろうとするのですか?
少なくても、原発は100%安全でエコですと言い通していられた時ならばいざしらず、今は言えないではありませんか?
欲しいと言っているからといって、安全でないものを売りつけるのですか?
ひとたび事故が起これば、多くの国民や隣国の人々に犠牲がでて、将来不安をあたえ、しかも国土の一部までが無くなるのと一緒ですよ。
自分達が儲かればいいのですか?
この商品については安全性の保証はついていませんとでも言えるとおもっているのですか?
無責任にもほどがあります。
この件は本気で怒りをおぼえます。
人として、すこしは恥を知りなさい!!!

菅直人首相は国内の原発増設計画を白紙にしたはずです。
これではまた原発増設を始めるつもりが多いにあるけど、国内では今は自粛せざるを得ない、でも他国はその国の情勢が許せばやってしまえと言っているのとおなじです。

実際に、同新聞には海江田万里経済産業相は会見で「問題はしっかり抑え込むこと、さらなる安全対策を高める中で、世界の信頼も得られる」と発言したと書かれています
つまり世界の信頼が得られたということならば国内でも安全対策を高めて引き続き原発を推進すると、推進を肯定しているととれます。
これは由々しき問題です。



「原発を売る約束をしましたけれど、自国自身が原発でこうなってしまいました。原発はとても人様に売る事ができるような代物ではありませんでした。国内でも新規の増設はやめにしました。こんなたいへんなものを売ろうとして申し訳ございません。しかしこれから日本は官民一体で新しい安全なエネルギーを開発してまいります。素晴らしいものができましたら、その時は一番に御国にお声を掛けます。どうか御国はそれまで原発に手を出さないでください。私たち日本の力を信じてどうかそれまで持ちこたえてください。」
原発増設計画白紙に戻したのなら、こう言ってもらいたかったのに裏切られた気分です。



原発は事故を起こしたことで大きな社会問題になっていますが、たとえ問題がなく寿命まで運転ができたとしても、放射能まみれで解体できる代物ではないようです。つまり社会の負の遺産として管理をし続けなくてはいけないものだそうです。この件につきましてはまたあらためて書きます。

お花見

| コメント(0) | トラックバック(0)


_DSC0151.JPG


昨日はミュージシャンのグループのお花見に参加しました。
僕が行けたのはそろそろ暗くなり始めた頃、夜桜の時間になっちゃいました。
まわりを見渡すとお花見を楽しむ人たちの姿が例年よりも少ないみたいです。
やはりここでも自粛なのでしょうか......。




_DSC0202.JPG

最高です!
生演奏付きです!




_DSC0194.JPG




食べ残した食べ物ですが捨てずにすべて回収、持って帰ります。
ゴミはきれいにかたずけて帰ります。
吸い殻一つも残さない徹底ぶりです。

楽しいひとときでした。


ところで都知事選ですが、非常事態に備えるとの判断なのでしょう、現職の石原さんに決まりましたね。
どうでもいいことですが、僕は石原さんが引退後に乗ろうと買って準備をしていたというオープンスポーツカーが何なのかが気になります。
ポルシェとかだったら、普通過ぎてちょっとがっかりだな。  (笑)

そしてもうひとつ気になるのが、石原さんは原発推進派だということ。
これはどうでもよくありません。
石原さん!、ディーゼルの黒煙が減っていても、放射能で汚染されてしまったらオープンカーは体に悪いですよー!
汚染された空気の中をマスクをしてオープンカーで走り回る勇気がありますか?

放射能は瓶に入れてマスコミに振ってみせる事もできない代物。
ぜひ考え直してもらいたいものです。

とりあえずというか、おかげで僕は原発反対活動をすることを決定しました。
はい、自分のできる範囲でがんばりたいとおもいます。
みなさまも良かったら!




_DSC0200.JPG






P1010688_01.JPG




本日、あたらしい都知事をえらぶ日です。
東京は大量の電気を消費する地域、
そして今のところと限定付きですが、難を逃れている地域でもあります。
今回の選挙は、私たち東京都民が原発に対する考え方を意思表示できるチャンスです。
このタイミングの選挙......僕には神さまが私たちに自分達の未来をきちんと選びなさいとチャンスをくれているのだとおもえてなりません。
本日、高円寺では原発反対のデモがおこなわれているのですが、地味だけれどデモよりも投票の方が効果がありますよね。
もちろん参加者の人たちは投票を済ませているとおもいますが、どうかそれ以外の皆さんも棄権をせずに投票をしましょう。
そして結果について責任を持ちましょう。
また、選ばれた方も驕ることなく導いて欲しいとおもいます。






_DSC0143.JPG
事務所近くの投票場

1