これって

| コメント(0) | トラックバック(0)
P1010743_01.JPG




新聞でよく見かける図です。
以前から気になっていたのですが、通算(右)側に「業務従事者が浴びる上限(年間)」が50ミリシーベルトとあります。
で、1回(左)側に100ミリシーベルトで「がんになる可能性」とありますがこれってどういうことなのでしょうか?
ちなみに「人が自然に浴びる量(年間)」は2.4ミリシーベルト。
41.666667年で100ミリシーベルトに達します。
少量でも必要以上に浴びない方がいいのは、明らかです。
だから東電の偉いさんは事故現場に近づきません。
賢いのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zauho.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする