座・高円寺

| コメント(0) | トラックバック(0)
100730_001_.JPG
風が強いが湿気のない爽やかな日になったなとおもったら、もう翌日には雨。

雨の中を来訪者があったので、昼は「座・高円寺」のカフェ「アンリ・ファーブル」へ。

天井も高く、ゆったりとした空間で、23時まで営業、アルコールも飲める。
個人的に残念なのはタバコがNG。
吸いたい時は建物をいちど出なくてはいけない。

高円寺らしからぬオシャレなところだが、これも新しい高円寺なのでしょう。
なんと、「座・高円寺」阿波踊りの練習に優先権がある「阿波踊りホール」もあるらしい......。  (笑)

ところで高円寺の阿波踊りのはじまりだが、パル商店街の青年部が隣町の阿佐ヶ谷の商店街(パールセンター)が集客目的ではじめた七夕祭りでおおいに売り上げが伸びたことを聞きつけ、負けじと始めたものだとか。
競い合った結果、いまではどちらも多くの観客を集めるイベントとなった。
ここで注目したいのは、商店街の名前がとっても似ているところ。
どちらももとが英語だとすればだいぶ意味は違いますが、音が似ているのはたんなる偶然とは思えない。






100730_002_.JPG




100730_003_.JPG




100730_004_.JPG




100730_005_.JPG




100730_006_.JPG




スパイスから調合したという「本格インドカレー」。辛さは弱いが、ちょっと癖になるトマトと酸味がきいた味。ごはんにはクミンシードが混ざっていた。小麦粉でとろみを付けていないないところはインド風だが、味はインド風ではなくて、完全にカフェごはん風。表向きははスパイスでかかき消されているがかなりの量のニンニクが入っている。さっぱりとした味わいのカレーで悪くはないが、もうひと頑張りすればすばらしくなりそうな感じも。次回に期待。トスサラダのドレッシングは米油のようだが、ちょっと酸味が弱い。

100730_007_.JPG





話足りなくて、食後にカフェ「ブラウン1号」へ。場末のスナックだったような場所をそのまま居抜きで使用しているカフェ。高円寺らしくてとってもいい。ピカピカの箱よりもこちらのほうが僕の好み。

100730_008_.JPG




100730_009_.JPG




100730_010_.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zauho.com/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする